Thank you for coming.

HIROKA KISHIMOTO

現在お知らせはありません
岸本浩加

profile

岸本浩加

Hiroka Kishimoto

着付け師/着付け講師/小笠原流礼法講師。二八歳で小林豊子きもの学院分校講師として開業。着付けや着付け講師以外にもイベント企画や和を得意とするプロダクトデザインなどの活動も行っている。

着物の「おもい」を受け継ぐ

着物の素晴らしさは、受け継がれること。
技術・伝統・文化など
多くの先人の知恵や技はもちろんのこと、
私が一番伝えたいのは、
着物を残してくださった方たちのおもい。
健やかに育ってほしいと願った産着。
立派な成人になってほしいと願った振袖。
幸せな家庭を築いてほしいと願った花嫁衣装。
着物それぞれに、
その時々のおもいが込められています。
そのおもいを受け継ぎ身に纏うことで、
着物は生き返り、
ありがたい感謝の気持ちに満たされ、
また後世に残していきたいと思うのです。

お気に入り

好きなもの、好きなこと。

  • ・
インドに来てサリーの美しさに
目を奪われました🥻

着物と同じで人によって着方が
微妙に違うものだから
つい目がキョロキョロ

胸や裾のヒダが均等で
美しい着方の人を見ると
どんな風に着てるのだろう?と
興味と着たい願望が高まり
ついに買っちゃいました 笑

ここはジャイプール
バラナシから電車に揺られ
20時間ほどかかりました
(予定到着時刻3時間オーバー
これがインド時間です 笑)

はじめはひとまず買って
日本でYouTube見ながら
着てみようと思っていたのですが

ジャイプールを
アテンドしてくださった
@deepyog9 さんのお母様が
サリーを作っていらして
着方を教えてあげるよと
言ってくださるミラクル!!

実際教わってよかったのは
着物との共通点を知れたこと

サリーの下には
腰巻きを着るんですよ!

ペチコートもあるようですが
お母様が見せてくださったのは
色物の完全なる腰巻き

更には八掛のような裏地を
裾に縫い付けるということも

そして着方も
裾丈を床ギリギリに決められていて
ほんと着物と共通していることが
多いなぁと感動しました

とってもとっても優しいお母様で
私たちのためにそれぞれに
バングルを用意して
付けてくださったり

ビンディーという額の印のシールを
付けてくださったり

私には化粧っ氣のないことを
残念に思ったのか 
口紅まで塗ってくださいましたw

インドに来ると幾つになっても
子供でいられる感覚
とても幸せな時間でした♡

ここジャイプールは
「インド更紗」の本場

ブロックプリントと呼ばれ
木型のブロックを使って染める
古来からの技法です

この技法が江戸時代に
日本にも伝わり
当時小紋染めに使っていた
型紙を使って染めたものが
「和更紗」となりました

そういった歴史があるため
ジャイプールに来られたことも
とても感慨深いことでした

ジャイプールに来たなら
ぜひ足を運んでいただきたいのが

「nila house」

伝統技術をそのままに
デザインが洗練されていて
喧騒から急に静寂さを感じる
清々しい場所でした

糸紡ぎ体験をさせてもらい
(チップは忘れないでくださいね)
ミュージアムもあって見応えもあり
ワークショップもあるようなので
次回はぜひやってみようと思います

最後になりましたが
朝から晩まで観光案内をしてくださり
楽しい経験をたくさんさせてくださった
ディープさん
大変お世話になりました🙏

ディープさんのお陰で
サリーを着る願いが叶いました
本当にありがとうございました♡

#着物 #kimono #きもの
#サリー #sari 
@nilajaipur 
#ジャイプール 
#jaipur 
#岸本浩加着物教室 
#インド人みたいとよく言われました
#ノースイースト系らしい
#調べたら確かに似てた笑
  • ・
インドの女性はとても可愛くて陽氣♡

チャットプージャという
太陽神に祈りを捧げる儀式が終わり
しばしチャイを飲みながら和んでいたら
声をかけてくれたのが
真ん中の赤い服の女の子♡

写真を撮るのかと思いきや
「チャイのカップを持って!
飲んで、飲んで!踊って、踊って!」
と言われるままにしてたら
とっても楽しい
リール動画になってました😆

それにしても女性たちの衣装
素敵ですよねぇ✨
サリーの美しさに惹かれ一枚購入

実は着物との共通点があって
すごく驚きました!

そのことについてはまた後日😌

朝からとってもハッピーな気持ちになった
インド最終日の朝でした
  • ・
鎮守の杜

三重県松阪市に
天照大御神の衣
「神御衣(かんみそ)」が
織られる神社があります

「絹」は神服織機殿神社
(かんはとりはたどのじんじゃ)

「麻」は神麻続機殿神社
(かんおみはたどのじんじゃ)

それぞれの神社で織られた
絹と麻の反物は
10月14日の神御衣祭で
内宮にお供えされます

織り始めの儀式として
「清く美わしく奉職できますように」と
祈念するのが

【神御衣奉職始祭】
(かんみそほうしょくはじめさい)

奉職に関わる皆さまの
清らかで厳かな作法に

日本中の布を織る
織り手の皆さんの思いは
きっとここに繋がっている
そんな風に思いました

麻布を織る音は
「トン、トントン」と
低く柔らかな響き

胎児の心音に似た
命が生みだされる音

この杜の中で
静かに始まっています

この日の着物は
自然の恩恵に感謝して
自然と調和するものを

まだ暑さ残るので単衣です

それにしても私の着物人生は
ここ松阪から始まったのに
住んでいた時には
この神社のことを
全く知りませんでした

知るタイミングが
やっと来ました
長かったなぁ…
・

#神服織機殿神社 
#神麻続機殿神社 
#神御衣奉織始祭 
#麻 #絹
#単衣
#岸本浩加着物教室
  • ・
一年後のパリに向けて
コーディネートのご依頼

パリに想いを馳せるというよりは
「今あるここ」を意識して
選んだコーデたちです

さて、一年後の彼女は
何を選ぶかしら?

来月から着付け教室に
通うことが決まっていて
行動力も抜群!!

だからかな
今回は余白のあるご提案

きっと一年後には
彼女の好みがプラスされた
コーデになるはず

その日のお写真を楽しみに
お待ちしております♡

着物や帯たちはお祖母様から
箪笥ひと棹ごと受け継いだもの
お母様を飛び越して受け継ぐ
男前っぷりも垣間見れた
聡明なお客様でした♡

下車した駅名は「白山」
帰りに白山神社を
ご案内してくださり
そういえば昨日は重陽の節句
呼んでいただけたのかもと
嬉しくなりました

ありがとうございます

・
#袖口裾のレースが可愛い
#お囃子聴こえお神輿通ってった
#ホテルに着くと目の前に櫓
#盆踊り風のダンシングヒーロー
#今日は祭りづいてる!
#着物コーディネート
#着物 #きもの #kimono
#岸本浩加着物教室
  • ・
お仲間増えて嬉しい
アフリカンテキスタイルの浴衣会

今年はポップなドット柄
(年々派手になりそうな予感 笑)

皆さまの浴衣も
とても個性的でカラフル♡
見てるだけで元気になります

明日からまたがんばろう!っていう
パワーいただきました
ありがとうございます
・
#アフリカンテキスタイル
@jamtun.africa 
#余りぎれ 
#ターバンとカチューシャに
#ほぼ使い切りました 
#今年も線香花火で締めくくり
@shunzo_hirata さん
ありがとうございます
#アフリカンテキスタイル浴衣
#岸本浩加着物教室
  • ・
能登上布の着物と帯

能登の風土の思いに
まるで導かれたかのように
初めて着て向かった先は
夏越の大祓

3月に着付けの奉納を
させていただいた
窪八幡宮です

始めに和歌を詠みあげ
長い行列になって
皆で一緒に茅の輪をくぐり

拾いきれないほどの数に
子供たちが大喜びのお菓子投げ

そして祓い清めの
人形(ひとがた)神事

「人形の紙から燃え出る煙が
天の神様まで
思いを届けてくれますよ」と

宮司さんの説明のあと
子供達が煙を見上げる様が
とても微笑ましく

「いいなぁ こういうのって」
と、過ぎし日の能登を
思い出しました

その時地元の方たちに伺った
幼き頃より神事に関わる経験や
お祭りに対する大人の情熱を
羨ましく思ったりしましたが

あーここにもあるんだなぁと
とても嬉しくなりました

素晴らしい夏越の大祓

参加させていただき
ありがとうございます
子供達もいい体験ができました

・
#着物 #きもの #kimono
#能登上布の着物 #万筋
#能登上布の帯  #檜垣
#ヨーヨー釣りのお手伝い
#岸本浩加着物教室
  • ・

潔くマゼンタ🩷

最近ピンク系に惹かれます
イエロークイーンだけど

なので迷わずこの色に!

義母から貰った胴裏の生地を
染めていただきました
これからお直しです

このマゼンタが見えるのは
「振り」からチラリとだけ🩷

・
・

#着物 #きもの #kimono
#胴裏 
#八掛より派手
#きものストーリー
#染めが難しい羽二重生地
#ムラなくパーフェクトの仕上がり
#素晴らしきかな職人技
#岸本浩加着物教室
  • ・
* 裏話 *

演奏会での黒紋付から
留袖(風)への着替えは
なんと10秒!!

スーパー早着替えアイテム
「前かけ」

おはしょりの下で
紐を結び隠すだけ

ちりめんの黒字の生地に
模様は1枚ずつ手描き
舞台映えするデザイン

よくできてますでしょう〜

こんなアイテムがあるなんて
目から鱗でした

着物に長く携わっていても
知らないことって
まだまだたくさんありますね

・

#着物 #kimono #きもの
#前かけ
#早着替え 
#岸本浩加着物教室
  • ・
岡山ハレノワでの演奏会
成功裡に終わりました!

何もかもが初めての劇場で
岡山が1番大変でしたけれど 
多くの方からすごく感動したと
ご感想いただき
終わればとても清々しく
充実した気持ちです♡

お越しくださった皆様
本当にありがとうございました!

夏らしい元気になるお花も頂戴し
@ikuko.rosegarden 郁子先生
ありがとうございました

そして今回もまた
素晴らしい経験をさせていただき
望月太津友先生には
改めて心より感謝申し上げます

今回着物チェンジがありまして
黒紋付からブルーの着物へ

自宅に戻るや否や主人が
「あの着物よかったわー」と
そこ?笑

でもすごく嬉しい感想

というのも
この着物と帯は
主人の父方の祖母のものを
遺品整理で譲り受けたものでした

驚いたことに模様が鼓と発覚!

これを譲り受けた時は
鼓は習っておらず
出来すぎのストーリーに
ご縁を感じます

房子おばあちゃん
ありがとう♡

今となっては貴重な丸帯
人生で初めて
絽の丸帯を見ました

大切にしていきます

3枚目の写真は
よさこいマンボを踊ったお二人
衣装はニッキー先生の手作り!

最高のパフォーマンスで
今回も盛り上げてくださいました
いつも素敵です♡
・

#着物 #kimono #きもの
#絽の着物
#絽の丸帯 
#演奏会
#着物ストーリー
#岸本浩加着物教室
  • ・
国立劇場無事終わりました!

師である望月太津友先生の
故郷への情熱が
皆の心を動かした
感動的でとても楽しい
演奏会となりました

矢掛町の皆様は
一年足らずのお稽古で
初めて立つ舞台が国立劇場

緊張もひとしおかと思いきや
皆様とても楽しそう

熱意があって楽しむ名人
とても素晴らしいのです!

一緒に演奏させていただきまして
心から感謝申し上げます

昨日の様子が
今朝の山陽新聞朝刊に
掲載されているようです
お読みいただけましたら幸いです

さて、次回演奏会が
最後となります

岡山芸術創造劇場ハレノワです!
地元なので余計緊張しちゃう 汗

ー囃子桜友会  邦楽囃子演奏会ー
 望月太津友 45年の歩み

⚫︎7月23日(日) 開演11:00〜
⚫︎ハレノワ中劇場
⚫︎入場料¥3,000

会場の皆様全員で楽しめる
ワークが用意されておりますので
楽しみになさっていて下さいね♡

チケットのお求めは
私までご連絡お願いいたします

最後になりましたが
演奏会にお越しくださった皆様
本当にありがとうございました!

「矢掛に行ってみたくなった」
「飽きさせないとても楽しい
内容だった」とご感想を頂戴し
伝統芸能の世界を
楽しんでいただけましたこと
とても嬉しく思います

感謝
・

#着物 #きもの #kimono
#黒紋付き #袋帯
#伝統芸能
#岸本浩加着物教室
  • ・
昨日は長唄杵勝会
全国大会 京都南座公演に
小鼓演奏で出演いたしました

雅やかで凛とした舞台表と
活気と温かさに溢れた舞台裏

たくさんの方が
思いをひとつにして
創り上げる時間・場は
とても清々しいものでした

貴重な経験をさせていただき
本当にありがとうございます

次の演奏会は7月2日(日)
東京国立劇場です

日本の伝統芸能の拠点として
1966年から愛され続けた劇場

今年の秋に建て替えとなる為
私にとって最初で最後の舞台

歴史ある舞台に
立たせていただけることが
本当にありがたいです


国立劇場には岡山矢掛町から
「したーに、したーに!」と
大名行列がやってきます

意外にもベートーベンの第九も!

楽しい番組となっております
関東の皆様
ぜひお越しくださいませ

チケットのお求めは下記URLより
お問い合わせお願い申し上げます

https://www.ntj.jac.go.jp/sp/schedule/kokuritsu_s/2023/in.html?lan=j

―千人鼓こころの祭りin国立劇場―
7月2日(日)開演 16:00〜
 開場 15:30
チケット: 5,000円

・
#着物 #きもの #kimono
#伝統芸能 #杵勝会京都南座公演 
#黒留袖 #黒紋付き
#岸本浩加着物教室
  • ・
岸本の母から
譲り受けた着物たち

50年以上前に
嫁入り道具として誂えたもので
一度も袖を通していないものも

時々引き出しを開けて
虫干ししてくれていたので
とても美しい状態
大切にされてきたのです

着物を手放さざるを得ない
経験をしてきた
実家の母を見ているだけに

ずっと持ち続けてもらえた
この子たちはとても幸せであり
そんな着物を譲り受けたことは
本当にありがたいことだと思います

遊び心のある
糸があべこべで
組まれている羽織紐

クリーム地の中振袖と
サーモンピンクの袋帯は
義妹に着付けて
皆で初詣に行った思い出が

そして母が教えてくれた
女紋を継ぐ家系だということ

母の実家が用意した
黒留袖には「藤輪に桔梗」
岸本家の家紋は実は「桔梗」

父と母のご縁は
ご先祖様の計らいも
あったのかもと
思えたりする新事実

着物を通してしばし
岸本の母との会話も楽しかった

大切に未来に繋いでいきます
・

#着物 #きもの #kimono
#着物を受け継ぐ
#岸本浩加着物教室

日記

11月3日(2023年)

一年に一度必ず会う人

日々のこと
今年も恒例の家族写真撮影この方と一年ぶりの再会♡風の写真館のイッキさん今回は私の都合で出張撮影となりましたそれが返ってよくってお隣の主人の両親も一緒に撮影しいい […]
11月2日(2023年)

直階・階位證いただきました

わたしのこと
2ヶ月ぶりの再会♡今夏、皆さんがいてくれたから乗り切ることができた大好きな仲間全員集合とはいきませんでしたが久しぶりに会って近況報告したりしてとても楽しい時間で […]

お問い合わせ

着物が皆様にとってより身近なものに。そして、着物を通して豊かな心が育まれるお手伝いをさせていただきます。お困りのこと、ご相談などございましたら、遠慮なくお問い合わせくださいませ。

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号
お問い合わせ内容(必須)